ARCHIVES

CUT-OUT

永瀬 沙世

9月23日(金)ー10月8日(土)

ギャラリー360°では、9月23日より永瀬沙世「CUT-OUT」展を開催しました。
写真家として知られる永瀬ですが、今回は“CUT-OUT(切り絵)”の手法に挑み、制作した作品でした。
永瀬が大きな紙をジオメトリックに切り抜いてゆき、大量にカットアウトされたペーパーの中で戯れる女性を撮影した写真のシリーズです。永瀬沙世の新たな一面をご覧いただけたことと思います。

展覧会にあわせて、10枚のアルミ板にプリントしたポートフォリオと銀紙に印刷された写真集も同時に刊行しました。

CUT-OUT 永瀬沙世

どうやって世界を見るのかを教えられる前の
子供の頃の私たちは、人やものごとの裸をみることができるし
好奇心が溢れるまま自分の未知の力で自由に未来を創造できる。 

 アンリ・マティスがアトリエでcut outを制作している映像をみてインスピレーションを刺激された。
彼は絵画をやめ、78歳で新しい手法cut out(切り紙絵)に行き着いた
何かから解放された彼のアトリエがあまりにも自由に満ちていてびっくりした。



永瀬沙世 SAYO NAGASE | 
1978年兵庫県生まれ。東京をベースに活動するアーティスト、写真家、ヨモギブックス主催。
現在まで7冊の写真集を制作。「Asphalt & Chalk」(2011年)と「PINK LEMONADE」(2013年)はパリを拠点とするストックホルムの「LIBRARYMAN社」から出版された。
2016年夏には写真集/個展『SPRITE(スプライト)』を発表、今秋に『CUT-OUT』をGALLERY 360°(東京・表参道)で開催。

cut-out-01
  • sayo_2
  • sayo_4
  • sayo_5
  • sayo_8
  • no-6