ARCHIVES

様々なプロジェクトの記録

フランツエアハルド・ヴァルター

9月15日(木) - 10月 8日(土)

1939年ドイツに生まれたフランツエアハルト・ヴァルターは、50年代後半から布(キャンバス布)を自身の作品の素材とし、彫刻作品を制作してきました。
その彫刻作品は、人間が着用することが可能なベストや、持ち運びが出来るよう折り畳んでバックのような形になるものなど、活動当初から斬新で、既成の彫刻の概念を越えた作品でした。また、初期にはその作品を用いたパフォーマンスを数多く行ない、身体と作品の関係を展開しました。
昨年ニューヨーク近代美術館に主要な作品が収蔵されるなど、再評価の気運が高まっています。
今回は1974年に制作されたパフォーマンスの記録をメインに展示します。

walther