ARCHIVES

FROM MY WINDOW

オノ・ヨーコ

12月3日(火)— 28日(土)

コンピュター・グラフックスで制作された平面作品:子ども時代からジョン・レノンが亡くなったときに残された血に染まった眼鏡の作品など17点で、オノ・ヨーコの半生が表現されている。

好評につき、会期を翌年1月半ばまで延長。


<マルチプル>
フロム・マイ・ウィンドウ (セーラム 1692) 2002
45枚のオフセット、赤い布箱入
115x160mm-プリント
81部限定

この「フロム・マイ・ウィンドウ」は縦の記憶の日本語版、英語版に引き続き制作された自叙伝シリーズの一つです。各ページは、オノの部屋の窓枠がテレビのフレームのような役割を果たし、そこに彼女の人生が映し出されてゆくという仕掛けになっています。フレーム内には子供時代から大人になったポートレートが配置され、背景は1692年ボストン郊外のセーラムで行なわれた魔女裁判の様子を描いた絵画です。子供時代に無邪気にその絵を見ていた少女が長じて「魔女」と呼ばれるようになってしまったというオノの人生のエピソードが表されています。

view_2
  • view_1
  • from_yoko
  • card_2002
  • window_omote
  • catalogue