ARCHIVES

GIFT

永島京子

2月1日(水)〜2月18日(土)

この度ギャラリー360°では永島京子新作「GIFT」を開催します。
2016年 7月にフランス ジヴェルニーのモネの庭を訪れ、撮影した睡蓮のシリーズを中心に制作したレンチキュラ・レンズの作品を展示します。


Kさんは私に再びそこへ行ってみてはどうかと提案した。
花が美しく咲く頃まで8ヶ月待って、向かった。

いくつもの言語が聞こえ、誰もが笑顔で池の縁に立っている。
私は朝から夕時までただ水面を見つめていた。
水面は空を、雲を、木々を、風を、光によってゆらゆらと映し出していた。

翌日、その池が描かれたあの絵の前に立ってみた。
まるで、同じだった。私が凝視した風景と。
それは抽象的でありながら、驚くほど的確に描かれた写実的な絵画でもあった。

画家はこの一連の作品群を、1918年第一次大戦の休戦翌日、フランス国家に寄贈することを決めた。
人々が永遠に平穏に瞑想する場所を創造することを願い、後に美術館に納められた。

画家の願いは今も効力を持つのだ。

そしてあの池もまた、100年経っても200年経っても変わらずに、様々な国の人たちが訪れるのを待っているに違いない。

そんな池を見たと、Kさんに伝えようと思う。

永島京子

SONY DSC
  • SONY DSC
  • entrance
  • no.1
  • no.3
  • no.4