ARCHIVES

ひかり

川端憲二、小林エリカ、諸泉茂

10月24日(火)ー11月7日(火)

「ひかり」をテーマに川端、小林、諸泉3作家による新作展です。

”ひかりの流体”
天使・天球・秩序・無限
すべて透明なひかりの流体。
川端憲二


RADIUM PALACE
かつてのボヘミア、ザンクト・ヨアヒムスタール、現在のチェコ、ヤーヒモフの街に「ラジウム・パレス・ホテル」という世界ではじめてのラジウム・スパ・ホテルがあります。そこは、かつては銀の採掘と銀貨の鋳造で栄え、その銀貨ヨアヒムスターラーがアメリカのドルの語源ともなった町です。この地から出る鉱石「不幸の石(ピッチ・ブレンド)」から、世界で初めての放射性物質ラジウムが取り出されました。
小林エリカ


光の中の温度
温度計で作品を制作するとき、置かれる空間の温度を基準に作品を構成する。ほとんどの場合その部屋のエアコンのサーモスタットと同調し一定の変化を繰り返しながら展示される。一方、野外で温度計を設置するフィールドワークは、刻々と変化する外気温と太陽の光に翻弄される。それは、心地よい刺激であったりもする。今回の作品は、ギャラリー360°の為に24℃で水平線が出るように構成した作品に、太陽の光と電気エネルギーから生まれたスポットライトの光を当てる。それぞれの光は、作品にあたり光であると同時に温度へと視覚変換され、赤い水平線に変化を与える。
諸泉茂

‰æ‘œ
  • view_1
  • view_4
  • view_3
  • 展示風景_1
  • 展示風景_2