ARCHIVES

INVITATION

永島 京子 

10月1日(木)- 17日(土)

この度ギャラリー360°では永島京子「INVITATION」を開催します。
2012年の展覧会以来、3年振りとなる今回は、色をテーマに小鳥や生花をモチーフにしたレンチキュラ・レンズの作品を展示します。


蛇がいる家は縁起が良いと聞いたことがあった。
だから庭の木の枝に乗っているおとなしい蛇は特別なのだと思って眺めていた。
ある日、その蛇が裏木戸の前にいた。振り向いて少しの間私を見ていたが、
正面に向き直って裏木戸の下からするりと外に出ていってしまった。
戻ってくるかと期待したが、その後庭で蛇を見ることはなかった。

古道具屋で変わった形のガラスの塊を買い求めた。
何かの装置から取り外されたようなその塊を覗くと、
向こう側に見えるすべてのもの、木々や雲の輪郭にも鮮やかな色がくっついて見えた。
赤、黄、紫の間にも色が入って7色はある。空の虹ではなくてモノに宿る虹だ。
私はいつでも虹を見ることができるようになった。

虹を見るとささやかな幸運を得たような気持ちになる。
それはかつて蛇を眺めていたときと同じものだと気づいた。
蛇は虹となって帰ってきていたのだ。

私はこの気づきを、それを必要とする誰かの手にも届くものにしたいと考えた。
虹の、蛇の居場所を、誰かにとってガラスの塊となる装置をつくることにした。

永島 京子

SONY DSC
  • SONY DSC
  • box
  • view_2
  • view_1
  • view_3