ARCHIVES

SMILE

オノ・ヨーコ

12月 6日(月) - 23日(木)

「スマイル」展について

2010年9月ベルリンで開催された展覧会で披露された「スマイル」はオノ・ヨーコの新作です。その後、東京で開催されることになりました。

展覧会に訪れた人々の笑顔を撮影すると同時にその笑顔が壁にプロジェクションされます。集められた個々の笑顔がつながり、繰り返されてゆくインスタレーション空間です。

世界のどこかでこのプロジェクトが行われているその場所は、平和な社会なのだと思います。また、世界のどこかで継続されることを願っています。

==============================

作品「スマイルについて」
テキスト : ジョン・ヘンドリックス

1968年 オノ・ヨーコは彼女の映像作品「スマイル」について下記のように記しています。 「昨年私は世界中のあらゆる人々がほほえんでいる顔のスナップで『スマイル・フィルム』を作りたいと思いました。しかしながら、それは技術面で幾つか明らかに難しい点があり、この計画は私の美しい想像上の一つとして、残 されることになりました。」

今年、40年以上の時を経てオノ・ヨーコは、彼女が1967年に想像した映像作品「スマイル・フィルム」の特別バージョンを作る機会を得ました。

この作品「スマイル」のアイディアは、1968年制作されたジョン・レノンのほほえみをハイスピードカメラを使用して52分の「スマイル」の映像作品を含み、オノ・ ヨーコの初期の創作活動の時点からのテーマでした。このジョン・レノンのほほえみの映像作品は通常のスピードで投影されますが、最近では六本木ヒルズの森タワーで流されました。銀の小箱の底に鏡を貼った「 A Box of Smile」の作品も同じ時期の作品です。これは、フタを開けると、覗き込んだあなたの顔が写り、ほほえんでもらうという作品です。

2010年のオノ・ヨーコ自身も参加している「SMILE」は1967年の彼女の概念が実現したと言えます。それぞれの観客が彼らのほほえみの顔を記録するよう呼びかけられ、そしてそれらのほほえみは、絶え間なく続きながら拡張し映像に追加されてゆくのです。

==============================

<印刷物>オフセット、120x120mm、専用封筒入
<展覧会ポスター>無作為に選ばれた様々な年齢の4人男性のポートレートノポスター。
オフセット、380x380mm


展覧会中、参加者には、撮影したポートレートをプントアウトし、白い正立方体の紙箱の底に貼ったボックスをプレゼントしました。

smile_perel
  • smile_card
  • smile_poster
  • smile_yoko