ARCHIVES

T

若木 信吾

3月27日(火) — 4月14日(土)

若木信吾が祖父のポートレート「TAKUJI」に続き、祖父手作りの道具に焦点をあてた写真集を出版しました。その出版を記念した展覧会「T」を開催します。
今回はオリジナルの写真と被写体になった祖父て手作りの道具たちそのものを展示します。

ー今年91歳になる祖父は、必要な道具はすべてを彼自身の手で改良し、生み出してきた。もちろん市販のものがベースになってはいるが、市販品は彼のからだや環境にあったののではないので作るほかないのである。祖父がやりたい畑仕事を無理せず続けていくには自分で環境を整えていくしかない。量産されたプロダクトにゼダインされている現代の生活の中で、祖父は重たいものを持てなくなったからといってやりたいことをやめるのではなく、軽いものをつくってそれをするという行動に出た。限り無く溢れかえる情報やものの中で、祖父は彼自身が中心の世界を持っている。これらの道具は祖父の世界を作るのに重要な役割を果たしている。

<イベント>
■ビデオ&アーティスト・トーク:3月31日(土)18:30〜 1,000-(1 drink)

■写真集「T」A4変形120pp, 500部限定 アートディレクション:原 耕一 1,800-

wakagi_t