ARCHIVES

TUNE

永島 京子

5月7日(月) — 26日(土)

映像作品「Tune」をメインに、そこから制作された平面作品とで構成された展示。

映像作品Tuneの中では、地面を境に上と下にそれぞれ別の風景が入っている。 ひとつの画面を分け合っている二つの場所は、水面に映った景色のように一見よく似ているけれども、別の場所か、もしくは異なる時間を映している。 それらの風景はやがて上下が反転し位置関係が入れ替わる。それまで画面の大部分を占めていた上部の風景は逆さまとなり、地面の下へと入っていく。
画面の外に広がる世界を含めて考えれば、意識と無意識のような互いに関係し合う表裏一体の世界は、本来どちらが優位な位置にあるのか区別することに意味はない。

35-tune tenji mix
  • 39-tune works3
  • nagashia_2007
  • 2007_nagashima_omote