ARTISTS

ローレンス・ウィナー Lawrence Weiner

1942年 ニューヨーク生まれ

60年代半ばから活動を開始。当初はアースワーク的な作品を制作していたが、1969年、言語を自身の作品の素材に選び、ステートメントを発表。以後の活動は言語を唯一のメディアとして発表を続けている。コンセプチュアル・アートの第一人者として、USAはもとより、ヨーロッパでも高い評価を受けるアーティストである。

そのウィナーが日本に初来日したのは1996年の夏だった。同世代のアーティストたちが早い時期から日本に来日していたのに比べて、遅い訪問となった分、日本と東京への興味は大きく、普通の人々の日常を熱心に観察していた姿を思い出す。建築家のライトが日本訪問で劇的な変化を遂げたことを自身で確かめようと、一週間あまりの滞在中東京の様々な場所を訪れた。
360°とは1992年にマルチプルを制作したことを切っ掛けに、活動を開始。現在迄マルチプル 5作品を制作した。また2000年には、10年間の活動記録を掌サイズの写真集にまとめた。撮影はウィナーのニューヨークのスタジオ兼自宅で行われ、若木信吾氏が撮影を担当。スタジオはもちろんのこと、オープンな人柄のウィナーは、ベットルームやクローゼットまで撮影を許可。ウィナーの日常風景がベースとなった写真集の中に、360°との展覧会記録やマルチプルを挿入した編集で、生活の中にアートが日常のように存在するべきと考える彼の姿勢がよく表された写真集である。


360°との活動

1992年 それが持続するかぎり
2月1日(月)—27日(土)
ウィナーにマルチプル制作を依頼し、制作。ステンレス・スチールのステンシルに、日本語と英語が併記されています。購入者はこのステンシルを使い、壁に直接ペィンティングすることが出来ます。


AS LONG AS IT LASTS
ステンレス・スチールにレーザーカット。専用の桐箱入。
500x1,000mm 
28部限定、証明書にサインと限定番号
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

1995年 人生という能狂言のための舞台装置
8月17日(木) - 9月2日(土)
ローレンス・ウィナー初来日を記念して制作された作品は、日本の文化の能狂言が基となっています。人生を能狂言の舞台に見立て、壁にはウィナーが生きるために欠かせないと思うもの、「りんご」や「たまご」といった言葉が直接描かれ、ギャラリー空間がウィナー流能舞台と化します。また、この展覧会を記念したマルチプルを制作しました。インスタレーションが20x20cmのサイズに縮小されています。



人生という能狂言のための舞台美術

ミュージアム・ボードにシルクスクリーン、切り込み、ポップアップ、アクリルのケース
200x200x15mm
50部限定 サインと限定番号入
ーーーーーーーーーーーーーー

1996年 水面に接触した ここで &いま 急速に減速した いま & それから
10月5日(土)ー11月2日(土)


ローレンス・ウィナーの新作は、「今」に焦点をあてたインスタレーションです。
多くの人々が過去や将来の心配ばかりをして、今この時をを大切にしていないのではないだろうかという、ウィナーからの問いかけです。

案内状はウィナー自身がデザインしたもので、この展覧会を記念して、
50部限定のシルクスクリーン刷りの限定ポスターを制作しました。

HERE & NOW NOW & THEN
ここで & いま いま & それから

紙にシルクスクリーン
445 x 400 mm
50部限定、サインと限定番号入

WHEN MOON COMES OVER THE MOUNTAIN
月が山に昇るとき

綿布に染め、専用の箱入
600x1,000mm
30部限定
証明書にサインと限定番号
ーーーーーーーーーーーー

1999年 水で洗った 乾かそうと外に掛けた
5月12日(水) - 6月 5日 (土)


展覧会を記念して、小さなマルチプルを制作しました。

COUGHT BETWEEN SHIPS PASSING IN THE NIGHT
夜中に通過する船と船の間で捕まえた

綿布にシルクスクリーン
136x114mm
900部限定
証明書にサインと限定番号
ーーーーーーーーーーーー

2003年 A DAY IN THE LIFE
8月8日(金) — 31日(日)
ウィナーと360°の10年間の活動を記念して制作した写真集をを発行。その刊行を記念した展覧会。

2002年或る日、写真家の若木信吾がローレンス・ウィナーのニューヨークのスタジオを訪れ、撮影したウィナーの「人生のある一日」の写真集。また、アーティストの日常を撮影した写真で構成されたページに中に,360°とアーティストとの1992年からの10年間に及ぶコラボレーションの記録を挟み、一日の時間の中に,10年の歳月を入れ込んでしまうというウィナーらしいアイディアの作品集。



「人生のある一日 」
撮影:若木信吾
 
64pp フルカラー 146x110mm
 1,000部限定

  • stencil
  • mountain
  • here
  • book