ARCHIVES

村井 啓哲 「LUX / MW」

7月8日(水)- 11日(土)

2020年

フルクサスやジョン•ケージのイヴェントでお馴染みの村井啓哲がマルチプル作品を制作しました。
ロウソクの灯火のゆらぎを音に聴く装置です。
会期中は村井が常駐し作品の説明をするとともに、「ひとりの聴き手もための」と副題にあるように一人づつ試聴していただくきました。
ロウソクの火のゆらぎを音に変換する装置のため、会場は出来る限り暗くしました。10分ほどで燃え尽きるロウソクの炎と変換された微音が、静寂の空間の中で特別な時間の体験を生み出しました。
瞑想の装置とも言えるマルチプルです。


LUX / MW ひとりの聴き手のための
2020
4 osc. with speaker on cardboard (187 x 187 x 2mm), candle dish, radio, battery in cedar box (200 x 200 x 65mm), instruction card, 52 candles in tin can
edition 10, signed and numbered
published by zeroso

07_lux_mw_web
  • murai_3
  • murai_4
  • 30443
  • murai_2