ARCHIVES

WHITE SHADOW – 白の作品群 -

ピエロ・パオロ・カルゾラーリ/カテリーナ・フリッチュ/ロバート・ライマン/カリン・ザンダー/アンドレア・ティッペル 他

6月20日(金) - 7月19日(土)

美術表現の上で色は最も重要な素材の一つです。中でも白は最初の色であり、また終わりの色でもあり、色の原点と言えるでしょう。これまで白を表現した代表的な作品は、マレーヴィッチの「白の上の白」の絵画やラウシェンバーグのホワイト・ペィンティング、マンゾーニの白いキャンバスのシワや綿の作品、ライマンのペィンティングなどがあります。美術史の流れの中で多くの作家たちが、現在迄様々な方法で白を表現してきました。時に色として、その存在を意識されることが少ない白は、それゆえ作家たちの重要なテーマとなっています。
今回は、国際的に活躍する作家たちの様々な素材や手法で表現された白の作品を展示します。

shadow
  • shadow_text